経理派遣の志望動機

経理派遣TOP >> 経理の派遣探しの基礎 >> 経理派遣の志望動機

経理派遣の志望動機

何の仕事であろうと、転職や就職時は志望動機に悩むと思います。経理派遣のように派遣という雇用形態で転職や就職を考える場合は特に、志望動機でどの角度から自分をアピールすればいいのか悩んでしまいませんか? 経理派遣は人気の職種なので、採用試験の時は志望動機を明確に語れた方がいいです。そこで今回は、経理派遣の志望動機をどのような形でまとめるべきか、考えてみたいと思います。

■大前提として派遣先のメリットを語る
経理派遣の志望動機を考える場合は、大前提として派遣先企業のメリットを志望動機に落とし込むと成功しやすくなります。

経理派遣の仕事は人材派遣会社に登録して、その派遣会社から企業を紹介される形になります。そうしたワンクッションがあるので、人材派遣会社にも企業にも「いい顔」をした志望動機を作ろうとしてしまいがちです。しかし、あちらこちらにいい顔をしようとすると、結局どこに力点を置いていいのか分かりづらくなってしまいます。

基本的に派遣会社は一度、忘れてしまって構いません。派遣会社から紹介される企業の方に気持ちを向けて、志望動機をまとめてください。派遣先の企業は就業者である皆さんと直接的な雇用の関係にありません。しかし、取り入りたい相手は就業先の企業です。例えば 「会社経営において、債務管理や財務体質改善など経理がいかに重要かを知った。もし御社がその経理に携わる仕事のチャンスを与えてくれるのならば、そのチャンスをくれた御社を経理の立場から全力で支えていきたい」 というように、就業先のメリットを志望動機の中で語るのです。派遣会社ではなく、紹介企業の採用担当者の心に響かせてください。

■自分のメリットも語る
ただ、企業のメリットを語るだけでは志望動機としては完璧ではありません。企業のメリットともに、仕事に就く自分のメリットも語らなければ志望動機として説得力が欠けてしまいます。仮に上述の志望動機のサンプルに付け加えるなら、

「自分には簿記の資格があっても、実務に経験がないという弱点がある。その弱点を克服し、今後は経理の世界で自分のキャリアを作っていきたい」 といった感じで、自分の本音も盛り込んだ方が説得力が高まります。採用側のメリットばかりを語り、自分を捨て会社のために尽くすという志望動機を語っても、信ぴょう性に欠けて終わるのです。 仮に自分ではまとめきれないという場合は、人材派遣会社のスタッフに質問をして助けてもらうといいです。履歴書作りから志望動機作成に至るまで、いろいろとサポートしてくれます。

経理派遣が多い!派遣サービス人気ランキング

  サービス名 対応エリア 詳細
テンプスタッフ 全国対応 詳細




Copyright (C) 2014-2018 経理派遣.com【※今すぐ見つかる経理の仕事】 All Rights Reserved.